home > 白内障手術の合併症

白内障手術の合併症

1: 破嚢(はのう)

水晶体を覆っている袋は非常に破れやすいものです。

手術の操作によってその袋が破れることがあります。袋が破れると眼内レンズを袋に入れることが難しくなりますが、その場合は状況に合わせて処置を行い、袋の近くに眼内レンズを入れるようにします。一回の手術では眼内レンズを入れることができず、日を改めて入れることもあります。

2: チン小帯断裂(ちんしょうたいだんれつ)

水晶体を支えているチン小帯という糸が切れることがあります。

これは体質的に糸が弱い人、以前に眼の中の炎症などの病気をした人、高齢者などに起こりやすいものです。程度の軽い場合は問題はありませんが、大きく切れている場合はせっかく入れたレンズが外れてしまわないように、支えとなるリングを入れてから、眼内レンズを挿入したり、場合によっては眼内レンズを縫い付けることもあります。

カプセルテンションリング

カプセルテンションリング

3: 駆逐性出血(くちくせいしゅっけつ)

非常にまれですが、手術中眼の奥で出血することがあります。力んだり、トイレを我慢することもリスクになりますので、痛い時や尿意を催す時はお知らせ下さい。

4: 角膜障害(かくまくしょうがい)

もともと角膜の弱い方(角膜内皮細胞が少ない方)は手術の影響で角膜がさらに傷み、透明な角膜が白く濁ってしまうことがあります。白く濁って視力が出なくなった場合、角膜移植が必要になることもあります。そのようなことを防ぐため、手術を決める前に角膜内皮細胞数は調べております。

5: 眼内炎(がんないえん)

眼の周りには常在菌という毒性の強い菌がいます。手術の時に眼に入ってしまうと、眼の中は抵抗力が弱いため、菌が繁殖しやすく、炎症を引き起こすことがあります。頻度は2000例に1例くらいと言われています。感染が重症な場合、失明する可能性もゼロではありません。その場合は強力な抗生剤を投与し、再手術をすることもあります。

手術前後の点眼はきちんとして下さい。急に視力が低下し、充血した場合は速やかに医師に診せて下さい。

6: その他

手術後に眼圧が上がったり(緑内障)、網膜にむくみ(黄斑浮腫)を起こしたりすることがありますが、適宜医師が対応いたします。

包眼科クリニック外観

医院名
つつみ眼科クリニック
医師名
堤 篤子
住所
〒179-0081
東京都練馬区北町2-22-8 サンテアネックス1F
電話
03-3933-0995
休診日
木・日曜日、祝・祭
交通
池袋から東武東上線15分 東武練馬駅南口徒歩1分