home > つつみ眼科の遠近両用眼内レンズ

つつみ眼科の遠近両用眼内レンズ

遠近両用眼内レンズについて

遠近両用眼内レンズには大きく分けて2種類あります。レンズ光学部が遠用と近用度数で交互に並んでいる屈折型と回析現象により、入射光を遠用と近用に配分する回析型です。

当院では回折型のレンズを使用しています。

遠近両用眼内レンズには、近くを30㎝に合わせるレンズと40㎝に合わせるレンズがあります。パソコンを良く使われる方には、40㎝用、読書が主の方には30㎝用をお勧めします。

AcrySof IQ ReSTOR



つつみ眼科の遠近両用眼内レンズのご紹介

テクニスマルチフォーカル

遠方が見えるだけでなく、ご自分でよく使う近方の距離に合わせてレンズの度の種類を選ぶことが可能です。
近く用の加入度数は(遠方レンズとの差)は+4.0D +3.25D +2.75Dの3種類です。

+4.0Dは30㎝位の距離で読書や編み物をなどの近距離を重視される方に
+3.25DはPC作業や料理など近中距離を重視される方に
+2.75Dはスポーツや買い物など中距離を重視される方に適しています。

テクニスシンフォニーオプティブルー


焦点深度を拡張させる独自のエシュレット回析デザインを用いることで、遠方・中間・近方いずれも良好な視力を得ることができます。
遠近両用眼内レンズの欠点である、コントラストの低下やハローやグレアをなるべく抑制するように工夫されています。

テクニスシンフォニートーリックオプティブルー


乱視矯正機能をもった遠近両用レンズです。乱視矯正の度数は1,5D, 2,25D, 3,0D, 3,75Dの4種類があります。強い乱視のある場合、それぞれの目にあった、乱視度数のレンズを選択します。近く用のレンズの加入度数(遠方レンズとの差)は1,5Dと少ないので、通常の読書距離30-40cmはカバーしませんので、近用眼鏡は必要になります。

包眼科クリニック外観

医院名
つつみ眼科クリニック
医師名
堤 篤子
住所
〒179-0081
東京都練馬区北町2-22-8 サンテアネックス1F
電話
03-3933-0995
休診日
木・日曜日、祝・祭
交通
池袋から東武東上線15分 東武練馬駅南口徒歩1分